関東地方 東京都

靖国神社【東京】へ参拝レポ・御朱印情報も

投稿日:2016年10月4日 更新日:

靖国神社

神社と一口にいってもお祀りする神々はそれぞれ。それは元から神さまだったり神器だったり人間だったり。靖国神社は男女身分関係なく246万6千余柱の方々を神霊としお祀りしている祈りと鎮魂の神社です。

御祭神

戦争などで日本のために命を落とした246万6千余柱の方々の神霊をお祀りしています

スポンサーリンク


靖国神社の御朱印・御朱印帳

104tnkさん(@104tnk)が投稿した写真 -

御朱印を頂ける時間はAM8:00~PM17:00。日によって変更がありますのでご注意くださいね。初穂料は300円。

拝殿の手前に授与所がありますが御朱印を頂ける場所はその奥の参集殿で頂くことが出来ます(案内表示あり)

靖国神社の御朱印帳は「靖国の桜」を思わせる桜の紋様が入ったデザイン。女性向けのピンクのデザインもあります。

靖国神社に行ってきた参拝レポ

靖国神社へ参拝に行ってきたHN.神社大好きさんの口コミ体験談です。

何かとニュースの話題になる、戦争で亡くなった方の御霊を奉る靖国神社が私のお気に入りの場所です。

これから迎える本格的な秋であれば、境内にある参道の両脇には大きく育った銀杏の大木の紅葉がはじまり、その景色は見事なものです。

また神社という神聖な場所なので、境内で騒ぐ人は限りなくいません。静かに紅葉を楽しむには絶好の場所です。

また常設施設として、幕末から太平洋戦争に関連した物が展示されている遊就館があります。展示内容にはゼロ戦の実機や、特攻隊員が家族に送った数多くの遺書等も展示されており、当時の戦争に思いを馳せながら色々と考えることになるでしょう。

また遊戯館の中にはそこでしかお目にできないような物が売っているミュージアムショップもあるので、東京みやげとして買うのも良いかもしれません。

年内を通じて様々なイベントやお祭り(特に7月に行われる沢山の提灯が立ち並ぶ御霊祭りが有名)等も行っているので、インターネットで事前に日程を調べた上で、スケジュールが合えば参拝してみることをお勧めします。

H.N神社大好き

優里からの一言

神社大好きさんありがとうございました

靖国神社は私の亡くなった祖父が毎年欠かさず元旦に参拝に行っていました。戦争の悲劇を二度と繰り返してはいけない。祖父自身もまだ幼子だったため戦争の記憶はほとんどなかったそうです。それでも毎年わざわざ電車を乗り継ぎ靖国神社に参拝に行っていたこと。

子供の頃は「なんで近くに神社があるのにわざわざ東京の神社に行くの?」と思っていましたが、大人になり靖国神社とはどういう意味で建てられた神社なのかを知ってから「あぁそうだったのか」と今でも複雑な思いになる神社です。

靖国神社へのアクセス:中央線・総武線各駅停車「飯田橋駅(西口)」「市ヶ谷駅」より徒歩約10分

保存

保存

ブログランキング

ぽちっと(*-∀-*)
にほんブログ村 旅行ブログ パワースポット・スピリチュアルスポットへ

-関東地方, 東京都

Copyright© 【パワめぐ】優里の開運パワースポット巡り(*-∀-*) , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.